僕たちはクラクラとともに生きている

Clash of Clansをプレイする凡プレイヤーが、日々のクラクラ生活を題材にした小説を投稿しています

初めてお越しの方はこちらをご覧ください(*゚▽゚)ノ
http://frappuccino-coc.blog.jp/archives/7617251.html

あなたがみてくれている


Vanessa Kay
                                                                             Vanessa Kay


自分自身では一生懸命頑張っているつもりなのに。
なんだかかみ合わなくて、今日も空回り。
もやもやだけが心の中に、澱のように積もっていく。
どうしたらすっきりするのか、道筋すら見えないまま、今日も1日が過ぎていく。

そんな日々が降り重なっていったある日。
本当にどうしたらいいかわからなくなって。
私がいなくなればいいのかな。ちょっと頭を冷やしたら何かが見えるかな。
たまらなくなって、思わずクランを飛び出した。
何の当てもないけど、無所属だとマルチで攻められやすいかなと思って、
自分だけのクランを作ってみた。
自分1人だけの城。
贅沢な響きだなと思ったけど、ちょっとさみしい。

しばらくすると、あるクラメンが追いかけてきてくれた。
私だけの城に、もう一人のメンバーが入城。
真っ黒だったクランチャットに、次々と白い文字が浮かびあがる。

私のもやもやなんて、誰も気づいていないと思っていたけど。
そのクラメンがずっとやきもきしてくれていたことがわかった。
私の奮闘ぶりを見てくれて、認めてくれる人がいたことがわかった。

"帰ろう?"
そんな言葉に背中を押されて、私のプチ家出は終わりとなった。

自分の城を取り壊した私。
ブックマークから古巣を探すことは簡単だったけど、なんだか「参加」ボタンを押すのがためらわれて。
逡巡してるうちに気づいたら、メールが数通。
複数のクラメンからの招待だった。
思わずふっと顔がゆるむ。

"戻りました~m(_ _)m"
"おかえり~(o^∇^o)ノ"
"おかえりなさーい╰(*´︶`*)╯"
"おかえり(^-^)"
"もうだまって家出しちゃだめだぞ(`・д・)σ メッ"

思いのほかたくさんの人に迎えられて、両目の奥がかーっと熱くなる。
傍にやってきた愛犬を、力の限り抱きしめた。











------------------------------

所属クラン:FLAREでは新規メンバーを募集していますm(*_ _)m

1.クラメン皆と仲良くなる
2.わからないことは何でも相談
3.無言での援軍申請はなし(挨拶してからチャットにインしましょう)

基本ルールはこの3つです(^-^)
興味を持たれた方はぜひ1度遊びに来てみてくださ~い( *゜▽゜)ノ♪



MIDNIGHT BLUE


_P1M2460_


ようやく巡ってきた休日は、ずっと我慢していた新作の据え置きゲームに手をつけるところから始まった。
食事もそこそこにTV画面にかじりつきつつ、手元のタブレットではユニットができたらマルチへ出発する。
ゲーム三昧のひととき。僕にとっては、至福の時間。

ひと段落して気づけば2時をまわっていた。
眠気は全然やってこない。多少時差ボケの影響が残っているのかもしれない。
以前いたクランの解散を経てたどり着いた今のクランは、真夜中を主な活動時間としているメンバーは少ないが、今日は休前日ということもありリーダーと学生さんと思われるメンバーが数名チャットを動かしている。
僕も別のゲームの合間にチャットを楽しむ。わいわい会話ができること、僕にとってクラクラを楽しむ第1条件である。

今なら援軍もらえそうだし、早めに2回目行っておくか。
比較的対戦上位に位置する僕だが、終盤に攻めるプレッシャーはあまり好きではない。

"対戦用ボウラーとポイズンお願いします"


"HOTさんナイス全壊です!"
"今回も☆6か~、さすがですヽ(*´∇`)ノ"


最近はボウブリッドで対戦に向かうことが多いだろうか。上手く刺さると気持ちがいい。


夜もとっくに更けているが、チャットはどんどん流れていく。
クラメンがどうあるべきか、今まで経験してきたクランはどんなところだったのか等々、学生さんがリーダーに色々聞き出しており、リーダーがその一つ一つに返答していく。僕も水を向けられると、マルチや別ゲームの合間に合いの手を入れていく。
それぞれが十人十色のクラクラ生活を送ってきた上で、今この時間を一緒に過ごしているんだなと思う。
窓の外が少し明るくなってきたなと思った頃、瞼の重さが限界に達し、チャットでおやすみの挨拶もそこそこに布団にもぐりこんだ。


意識が現実に戻ってきた時、部屋の中の明るさに違和感を持った。なんだか思ったよりも光が淡いような・・・。いぶかしい気持ちで枕元の携帯を覗くと、デジタル表示は15時過ぎを示している。
貴重な休日の日中をつぶしてしまった罪悪感でちくりと胸が痛む。ふーっと一息ついた後、むくりとベッドから起き上がった。
いつもの習慣で、冷蔵庫を開け野菜ジュースをコップに注ぎ、ぐいっと飲み干す。夜更かしの身体にビタミンが染み渡るような感触。
明日からはベトナム出張。いつインできるかわからないから、海外出張の間は対戦不参加にしクイーン工事に充てることが多い。
当然ぬかりなく、寝る前に大工は稼働させておいた。

さて・・・荷造りを始めますか。









------------------------------

所属クラン:FLAREでは新規メンバーを募集しています(^ ^)
こんなクラメン(かもしれない人)達と、一緒にクラクラを楽しみませんか?
興味を持たれた方は、下記よりクランルールを確認の上、お気軽にお越しくださいませ(*゚▽゚)ノ♪

FLARE クランページ(クラクラ攻略アカデミー)
http://dozuru.com/clans/rule/607


おしらせ



※今日の記事は読み物ではありません。
※創作物以外にご興味がない方は次回の更新をお待ちくださいm(*_ _)m







いつも閲覧してくださってる方も、今日が初めてという方も。
こんにちは(^ ^)/
当ブログにお越し頂きありがとうございます(*´∀` *)♪

さて、私の所属するクランがおかげさまで創立1周年を迎えるにあたり、記念イベントを開催することとなりました(*゚▽゚)ノ


IMG_0701

twitterをやっている方は目にしてくださっているかもしれませんね(^ ^)

私は今でこそtwitterのアカウントも取得していますが、実はtwitterを始めることにはしばらく抵抗感があり、クラクラに関する情報は主にブログの閲覧と有名な動画サイトを見る程度でした。

クラクラ関連のtwitterを開設している人って、かなりガチなプレイヤーのイメージです。
このブログを見てくださっている方の中には、以前の私のように、そこまではやらないよ~っていう人も結構いるのかなぁと思っています。
そういった方の元には、クラクラユーザーが開くような規模のイベントの情報ってなかなか行き届きにくいのかな、とも思います。

自分のクランでの日々の対戦は、もちろん楽しくて大事。
加えて、たまに参加するイベントは、違った意味でまた楽しいのですヽ(*´∇`)ノ♪

(ご参考までに、イベント体験記です↓)
とあるイベントに参加して

もしこのブログを見てくださっているプレイヤーさんの中で、こういったイベントに興味を持った方。
よかったらうちの1周年イベントに参加してみませんか?

参加してみたいよって方がいらっしゃいましたら、この記事のコメント欄に、
 ・クラクラのユーザー名
 ・THレベル
 ・DE(ダクエリ)係数
  ※クラン対戦ログから見る自分の村か、フレチャレで出した自分の村のDEタンクの数値
 ・所属クラン名
 ・ヒーローレベル(TH8以上の方)
以上5点をお知らせください(*゚▽゚)ノ

※コメントは現在非表示設定にしているので、管理人以外見ることはないです
 希望される方はコメントを公開にします

慣れ親しんだクラメン以外のプレイヤーと一緒に対戦するって、ちょっと敷居が高いかもしれません。
でも、きっと大いに刺激になると思います(^ ^)
多くの人と、楽しい時間を一緒に過ごせたら幸いです(*´∀` *)♪










------------------------------

所属クラン:FLAREでは新規メンバーを募集しています(^ ^)
こんなクラメン(かもしれない人)達と、一緒にクラクラを楽しみませんか?
興味を持たれた方は、下記よりクランルールを確認の上、お気軽にお越しくださいませ(*゚▽゚)ノ♪


FLARE クランページ(クラクラ攻略アカデミー)
http://dozuru.com/clans/rule/607



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: