僕たちはクラクラとともに生きている

Clash of Clansをプレイする凡プレイヤーが、日々のクラクラ生活を題材にした小説を投稿しています

初めてお越しの方はこちらをご覧ください(*゚▽゚)ノ
http://frappuccino-coc.blog.jp/archives/7617251.html

とあるナースのクラクラ生活(*’∪’*)


1008


定期の巡回を終えてナースステーションに戻る。
夜も更け、患者さんも大方眠りについている。静かな夜に聞こえてくるのは、医療機器から発せられる無機質な音ばかり。
ざっと記録を打ちこんだところで、ふーっ、と大きく一息。
夜食を温めている間にクラクラを覗く。
仕事中はいつコールが鳴ってもおかしくないので、マルチにもなかなか集中できない。
家に帰ったらがっつりインしてマルチで稼ぐんだ~ヾ(≧▽≦)ノ。仕事明けてからプレイするクラクラのことで頭がいっぱいだったりする。

幸い大きな急変もなく勤務を終え、我が家に戻ってきた。
シャワーを浴びて、部屋着でゆったり寝ころびながらクラクラをして、いつの間にか寝入っている時が、最近一番の至福の時かも(*´艸`)。


このクランに来たのも、本当に偶然。
日勤も夜勤もあるから、インする時間が不規則な私。
グロチャで昼間の活動が活発なクランを探していると話したら、うちは昼間もにぎやかだよ~と声をかけてくれたのが、今のリーダー。なんだか親しみやすい面白い人だったのでついていってみた。
ありがたいことに、昼間でも援軍がストレスなくもらえる。
マルチがとってもはかどる~ワーイ♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪
前にいたクランはファーミングが主体だったので、対戦もやってはいたけど、資源集めの一環っていう色合いが強かったように思う。
ここは皆が対戦に真剣。
フレチャレも盛ん。前にいたクランはTH8が私くらいしかいなかったから、同じTH帯の仲間と攻めたり攻められたりアドバイスし合ったりするのがとても楽しい(*’∪’*)♪ 。
女の人も何人かいると聞いて、少しほっとした。


"さよさん、今回も☆6じゃん~Σ( ̄0 ̄ノ)ノ"
"さよちゃん、MVPおめでと~O(≧▽≦)O"


対戦を終えると、リーダーがMVPをクランメールで発表してくれる。
今回で3連続MVPになっちゃった(///∇//)テレテレ♪
仕事のことがあるからどうしても早く攻めてしまいたいのだけど、それを立ち回りがよいと判断してもらえるところもあって。
このクランに来て、ふと気づいたら対戦ジャンキーになっちゃったなぁと思う(´~`ヾ) ポリポリ・・・


さて、今日は夜更かしできるから、お酒飲みながらマルチして。
クラメンがいっぱいインしてるみたいだから、わいわい雑談も楽しめそう ヽ(o´∀`o)ノ♪
そんなことを考えていたら、うちのワンちゃんがやたらと足元にじゃれついてくる。
・・・あ、ごめんごめん、散歩の時間だったねテヘヘッ(*゚ー゚)>









------------------------------

所属クラン:FLAREでは新規メンバーを募集しています(^ ^)
こんなクラメン(かもしれない人)達と、一緒にクラクラを楽しみませんか?
興味を持たれた方は、下記よりクランルールを確認の上、お気軽にお越しくださいませ(*゚▽゚)ノ♪


FLARE クランページ(クラクラ攻略アカデミー)
http://dozuru.com/clans/rule/607



FLAREの日常 ~援軍処理編~


援軍処理



うちはMIXクラン。対戦ではTH5からTH11までがずらりと並ぶ。
クランは生き物なのでメンバーの出入りは日々あるけれど、最近の傾向としてはTH8のアクティブなメンバーが多い。


対戦において、低TH帯のクランで最も重要なスキルの1つが援軍処理ではないかと思う。自分が扱えるユニットのレベルは低いにも関わらず、相手の援軍にはMAXレベルのユニットが用意されている。ましてや、TH7以下においてはポイズンが使えない。
TH9以上だと攻撃を進行する中で援軍を処理していくことがほとんどだが、施設数が少なく1ユニットで援軍が釣れたりするTH8以下における陸攻めの場合は、防衛援軍を釣り出し村の隅の方で処理するやり方がオーソドックスであろう。


最近よく見る光景は、フレチャレでの援軍処理の練習。
今日はTH8の彼女が、TH9エースプレイヤーに手ほどきを受けている。

"できた~\(^▽^)/"
"甘いっヽ( `Д´)ノ┌┛ 最初のアチャの位置が悪いから、ウィズが焼かれちゃってるよ!"
"ドラゴンの処理は、足元の影にアチャ!!"
"もう一回お願いしますっ( つД`)"


”プレイスキルの高い人は、教えるのも上手いですね(^-^)”

TH11のサブリーダーが、それを見守っている。


そんな彼女が、別の日にはTH5の新人さんにアドバイスしてたり。

"対戦ではねー、援軍処理ができないとつらいよー(>_<)"
”どうしたらいいですか?”
"まずクランの城をポチっと押すと、白い枠が出るでしょ?"
"村出すから練習してみようよ~◝(・ω・)◟ "

"いやぁ、彼女が教えてるのか~ 成長したもんだね♪"

彼女がTH6で入りたての頃に教えていた古参のメンバーが、感慨深い様子でつぶやく。


クランは生き物。
人から人へ、技術や気持ちが受け継がれていくんだなぁと、クラメンを見て思う今日この頃です。










--------------------

所属クラン:FLAREでは新規メンバーを募集しています(^ ^)
こんなクラメン(かもしれない人)達と、一緒にクラクラを楽しみませんか?
興味を持たれた方は、下記よりクランルールを確認の上、お気軽にお越しくださいませ(*゚▽゚)ノ♪


FLARE クランページ(クラクラ攻略アカデミー)
http://dozuru.com/clans/rule/607


俺と3つのサブ垢と


20140625_sig


サブ垢を作ったきっかけは、その時所属していたクランを辞める気はない中で、別のクランの一員にどうしてもなりたくなった出来事があったから。
一度作ってみると難しくないことがわかって、気づけば家族の端末も入れて4つのアカウントでクラクラ垢を扱うようになった。


サブ垢は人数調整で使ってもらってる。対戦人数によって複数垢が参戦。参加したアカウントの分だけ、手元にスマホやタブレットが多く転がる。
今回は本垢と2垢が参加。サブ垢は最下位とその1つを陣取っている。
開戦後サブ2垢で攻めて、本垢で攻めて、周りの様子みてその日のうちにサブ垢2戦目行くか・・・。
俺の脳内で作戦会議が始まる。


うちのクラン対戦のルールに、1回目は同番攻撃、というものがある。
対戦順位が低ければ、必然的に相手の同番はレベルが低くなり、初見全壊を取りやすい。
サブ垢たちは、いわゆる対戦特化型に育てている。防衛施設のレベルは抑え、対戦に使うユニットはアップグレードを惜しまない。
サブ垢にとって、この同番攻めは対戦で活躍するのにもってこいのルールとなっている。


"ナイス全壊です!!"
"さすが、余裕ですね~(^-^)"
"尻拭いありがとうございますぅ・゜・(つД`)・゜・ "

サブ垢はTH8。もう何度、TH8でクラン対戦を経験したことか。答えがわかっているテストを受ける感覚に近いとはいえ、やはり全壊を取るのはスカッとするものだ。

"失敗してもカバーするから、どーんと攻めていきなさい"

そんな言葉で、TH7・8付近のクラメンを送り出す。
対戦で攻めるのに誰しも不安は感じるもの。失敗が怖くて対戦不参加を続けたり、クランを抜けてしまったりする者を、これまで多く見てきた。
そんな彼らにのびのびクラン対戦で攻められる環境を作ってやれるのが、俺のサブ垢にしかできないことなんだと、少し照れくさいが自負も持っている。


サブ垢を育てることは、RPGをクリアした後2週目に入ることに似ていると思う。
最初にプレイした時のような新鮮さはないが、知っている道を前回よりも上手く歩くことができる。
クラクラのデメリットの1つに、THや施設を一度上げると元に戻せないことがよく挙げられるが、サブ垢で2週目を経験することで、やっぱりアプグレしなきゃよかったな、という後悔の回数を減らしたプレイが可能だ。


開戦11時間後。
途中経過を見ると、TH8の最上位を残し、それ以下は☆3で埋まっている。TH9もいくつか初見全壊が出ている。
理想的な展開。あとは上位に託すだけ。
サブ垢2つも、全部で☆11を取れた。まぁ、及第点だな。

一つサブ垢育成のデメリットを挙げるとしたら、本垢への力の入れ具合が弱くなってしまうことかもしれない。
そういや本垢の育成はしばらく止まってしまっているなと思いながらふと窓の外を見ると、窓ガラスには苦笑いを浮かべた俺が映っていた。









------------------------------

所属クラン:FLAREでは新規メンバーを募集しています(^ ^)
こんなクラメン(かもしれない人)達と、一緒にクラクラを楽しみませんか?
興味を持たれた方は、下記よりクランルールを確認の上、お気軽にお越しくださいませ(*゚▽゚)ノ♪

FLARE クランページ(クラクラ攻略アカデミー)
http://dozuru.com/clans/rule/607


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: